はじめまして

はじめまして。

こちらのサイトにお越しくださいまして、ありがとうございます。

薬膳 香蓮を主宰しております横尾柚美と申します。

 

2年半前に、赤ちゃんを授かりたいと頑張っている女性へ、

中医学の理論を基に、体に本来備わっている妊娠力をアップさせるために、

からだケアをすることの大切さを伝え始めました。

これまで2年半の間に、セミナー参加者、体質カウンセリング参加者、

電話セッション参加者の中で7名の方が妊娠されました。

 

~屋号に込めた想い~

蓮の花は、泥の中でも見事にキレイな花を咲かせます。

なかなか赤ちゃんが授からなくて苦しくても、
不調があってもお仕事を頑張っている方も
蓮の花のように、
誰でもないあなただけの花を咲かせてほしい・・

そして、香りたつ、可憐で美しく幸せな人生を歩んで欲しい・・
そんな想いを込めて、『香蓮』と名付けました。

 

ロゴマークで蓮の花が交わったり、繋がったりしているのは

夫婦だったり、親子だったり、

私と繋がってくださっているお客様と私だったりが

『寄り添い、支え合い、分かち合う・・・』

そんな意味を込めました。

また、五行の色、五色を花びら1枚1枚にあしらいました。

 

~まさに私の生き方そのものなんです~

蓮の花のことを知った時、まさに私のことだと感じました。

 

20歳でアトピーを発症し、見えるところ、顔が一番ひどくて、

20代は女性としてのオシャレとは無縁の生活でした。

 

体調が悪いと、心も荒んでいき、いつしか生きていくことさえ

投げ出しそうになったこともあります。

 

薬剤師でありながら、自分のアトピーは薬では治らないジレンマ

私は何を志に生きていけばいいのか分からなくなっていました。

 

30歳を過ぎたころ、漢方に出逢い、東洋医学に魅せられ、

希望が持てるようになったのです。

 

~すべては今に通じている~

 

アトピーになったことも

不妊に苦しんだことも

その当時は、なぜ私はこんな辛い経験をしなければいけないのかと

運命を嘆いたのですが、

 

この経験があったからこそ、

『食べることは生きること』

『食べたものでカラダは出来ている』ということを

心から感じることが出来ました。

 

また、この大きな二つの経験が

私のこれからの生き方に繋がっていったのです。

 

誰でもない、私だから伝えられることがある・・・

 

そして、一人でも多くの赤ちゃんを望む女性の

希望になれるように、私の使命と信じて

活動してまいります。

 

どうぞよろしくお願い致します。

 

2018年 9月吉日  横尾柚美